NY原油:反落、在庫増観測で-イエメン情勢でブレント続伸

24日の ニューヨーク原油市場ではウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。米国での 在庫がさらに増加するとの見方が広がった。米石油受け渡し拠点である オクラホマ州クッシングでの在庫は貯蔵能力の88%に達している。一 方、ロンドンの北海ブレント原油はイエメン情勢を材料に続伸した。

LPSパートナーズ(ニューヨーク)のエネルギーOTC部門責任 者、マイケル・ハイリー氏は「在庫は増え続けているので、WTI価格 が上がったからと言って喜んではいられない」と語る。「クッシング在 庫はもうすぐ満杯になる。生産は少しは落ちてきたようだが、それでも 極めて高い水準だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比59セント(1.02%)安い1バレル=57.15ドルで終了した。週間で は2.5%の上昇。ロンドンICEのブレント6月限は43セント高い65.28 ドル。

原題:U.S. Oil Falls From 2015 High on Supply; Brent Gains on Yemen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE