コンテンツにスキップする

ユナイテッド:国際線計画見直し-日本路線の輸送能力も削減

米ユナイテッド航空は、2015年の国際線拡大 計画を縮小する。ドル高の影響を受ける中、価格決定力の維持やコスト 削減に努める。

ユナイテッドの23日発表によると、15年の米国外の路線における提 供座席数の伸びは0.7ポイント縮小する見込み。縮小計画には、10-12 月(第4四半期)における日本発着便の輸送能力の7%削減も含まれ る。

同社がこの日発表した1-3月(第1四半期)決算は、一部項目を 除く利益が5億8200万ドル(約700億円、1株当たり1.52ドル)と、ブ ルームバーグがまとめたアナリスト予想の平均(1.47ドル)を上回っ た。

原題:United to Pare Overseas-Flight Growth as Dollar Weighs on Fares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE