15日のインド株式市場では指標のS&P・ BSEセンセックスが3週間で最大の下落率となった。決算シーズンを 控え、このところの上げは業績見通しに照らして行き過ぎとの見方が浮 上した。

発電設備メーカーのバーラト重電機が指数構成銘柄中で最悪のパフ ォーマンス。トラクターメーカーのマンヒンドラ・アンド・マヒンドラ と自動車のタタ・モーターズも大幅安。16日に決算発表を控えたソフト ウエアのタタ・コンサルタンシー・サービシズも下落した。

センセックスは前日比0.8%安の28799.69で終了。

原題:India Stocks Drop Before Earnings Season as Bharat Heavy Tumbles(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE