コンテンツにスキップする

中国が南シナ海で「砂の長城」-重機でサンゴ礁埋め立て

南シナ海での中国による人工島建設を示す衛 星写真が、中国が「砂の長城」を築こうとしているとのハリー・ハリス 米海軍太平洋艦隊司令官の主張を裏付けている。

米戦略国際問題研究所(CSIS)が中心となり公表された衛星写 真は、中国が南沙諸島のミスチーフ礁の一角を埋め立てている様子を捉 えている。ベトナムとフィリピン、台湾も領有権を主張している海域 だ。中国は1940年代の地図を基にしたいわゆる「九段線」を根拠に南シ ナ海の領有権を主張し、軍の活動範囲を広げている。

ジャマイカを訪れたオバマ米大統領は9日、キングストンでのフォ ーラムで、「中国について懸念しているのは、中国が必ずしも国際的な 基準とルールに従わず、その大きさと力に任せ他の国々を従わせようと することだ」と言明。「そしてこれが海洋問題についての懸念だ。われ われはこの問題を外交的に解決できると考えているが、中国ほど大きく ないという理由でフィリピンあるいはベトナムを押しのけてよいという ことにはならない」と述べた。

ハリス司令官は先月のキャンベラでのスピーチで、「中国はしゅん せつ船とブルドーザーで砂の長城を築きつつある。生きたサンゴ礁の上 に土砂を入れコンクリートで舗装することで陸地を造成している」と語 っていた。

中国外務省がウェブサイトに今月9日掲載した声明で同省の華春瑩 報道官は、南沙諸島でのこの建設作業は主権国家としての中国の権利だ と主張。「どこかの国に影響を与えたり標的とするものではない。従っ て非難には当たらない。関連の建設工事は妥当かつ正当、合法であり、 全く中国の主権の範囲内のものだ」とコメントした。

原題:Photos Show China’s ‘Great Wall of Sand’ in South China Sea (1)(抜粋) Obama Says Concerned China Using Muscle in South China Sea (1)

--取材協力:Stephen Tan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE