コンテンツにスキップする

【今週の債券】長期金利再び0.4%台乗せか、30年債増発で入札に警戒感

今週の債券市場で長期金利は再び0.4%台を 付けると予想されている。市場参加者の間では、4月から増発される30 年利付国債入札に対する警戒感が強く、金利上昇圧力が掛かりやすいこ とが背景にある。

長期金利の指標となる新発10年物国債利回りについて、ブルームバ ーグ・ニュースが前週末に市場参加者3人から聞いた今週の予想レンジ は、全体で0.31-0.41%となった。前週は1日に一時0.41%と2週間ぶ り高水準を付けたが、市場で警戒されていた2日の10年債入札が順調に なると買いが膨らんで0.335%まで低下した。

DIAMアセットマネジメントの山崎信人上席ファンドマネジャー は、今週の債券相場について、「流動性供給入札と30年利付国債入札 が、この利回り水準でこなせるか需要を測ることになるが、今のままで はやや厳しい感じだ」と話した。

財務省は9日、30年利付国債の価格競争入札を実施する。前回入札 された46回債と銘柄統合するリオープンとなり、表面利率(クーポン) は前回債と同じ1.5%となる見込み。発行額は前回から1000億円増額 の8000億円程度となる。

30年債に割高感

野村証券の松沢中チーフストラテジストは、30年債は欧州中央銀行 (ECB)の国債買い入れが始まった3月上旬から、フェアバリューに 対する割高感が強まり始めたと指摘。「先週、日銀オペ据え置き決定に よって、より不安定な需給構造になったにもかかわらず、まだ対10年な ど割高感が残る。このためレラティブバリューでは取り組みが難しく、 金利水準で1.45%まで待つか、ないしはECBトレードに乗っていくか の選択だ」と言う。

7日には流動性供給入札が行われる。投資家需要の強い既発国債を 追加発行する入札で、今回の対象銘柄は残存期間15.5年超から39年未 満。発行予定額は3000億円程度となる。

日本銀行は7、8日の2日間の日程で金融政策決定会合を開催す る。1日に日銀が発表した企業短期経済観測調査(短観、3月調査) は、 大企業・製造業の業況判断指数(DI)がプラス12と昨年12月調 査から横ばいにとどまったが、非製造業はプラス19と2ポイント改善し た。雇用情勢も引き続き改善していることから、今回の会合では金融政 策の現状維持が決まる見込みだ。

SMBC日興証券の森田長太郎チーフ金利ストラテジストは、「今 週の日銀金融政策決定会合に向けて追加緩和観測が盛り上がる可能性も 基本的には低いだろうが、1月の会合でもあったように、多少の材料に 市場は反応しやすい。これは外国人投資家の参加が増えている昨年後半 以降の傾向でもある。短期的な市場の振れは一応念頭においておく必要 はあるだろう」と指摘した。

市場参加者の今週の先物中心限月と新発10年物国債利回りの予想レ ンジは以下の通り。

◎DIAMアセットマネジメントの山崎信人上席ファンドマネジャー

先物6月物147円10銭-147円90銭

10年国債利回り=0.32%-0.41%

「超長期債はまさに今回の入札から増発される影響もあり、新年度 入り後の投資家の動向はまだまだ分からない。今週は火曜日から木曜日 まで、決定会合や入札が予定されており、日銀の国債買い入れオペも入 らない見通し。残存10年以下を中心に取引する投資家は新年度の早い時 期から動けるが、超長期ゾーンの投資家はこれからだ。先物ゾーンに比 べて20年から30年ゾーンは値幅が大きくなるだろう」

◎三井住友アセットマネジメントの深代潤債券運用グループヘッド

先物6月物147円20銭-147円70銭

10年国債利回り=0.35%-0.40%

「今週は30年債入札が注目材料だが、30年債利回りは、投資家が積 極的に買っていきたい水準ではないとみており、どうしても警戒感が残 る。過去2回の30年債入札を見ると、それなりにぶれている。年度初め なので、実際のところはふたを開けてみないと分からないとみている。 ただ、追いかけて買うよりは、入札をみて少し安くなった局面で買うと いうスタンスが多いのではないか」

◎マスミューチュアル生命保険運用戦略部の嶋村哲金利統括グループ長

先物6月物147円00銭-148円00銭

10年国債利回り=0.31%-0.41%

「30年債入札を控え、週央までは超長期中心に売られやすくイール ドカーブはスティープニング圧力がかかりやすいとみている。30年債入 札は絶対金利水準としての魅力には乏しいものの、同様な懸念があっ た10年債入札が好調であったことが相場全体をサポートしてい る。1.4%台の水準であれば無難にこなせるのではないか。日銀決定会 合については、特にサプライズもないとみられ、手掛かりとはなりづら いだろう」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE