31日のインド株式相場は下落。銀行・金属銘 柄の下げが目立った。指標のS&P・BSEセンセックスは月間ベース では約2年ぶりの大幅安となった。

HDFC銀行が3営業日ぶりに値下がりするなど、銀行株は総じて 安い。また、タタ・スチールとヒンダルコ・インダストリーズなどの下 落率が際立って大きく、インド最大のエネルギー探査会社、インド石油 ガス公社(ONGC)は5週間ぶりの大幅下落となった。

センセックスは前日比0.1%安の27957.49で終了。一時は0.7%上げ た。月間ベースでは4.8%安と、2013年2月以降で最もきつい値下が り。業績の伸びが予想を下回るとの懸念が広がったことが要因。

原題:Indian Stocks Drop as Sensex Completes Worst Month in Two Years(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE