香港H株が今年最大の上昇、上海株7年ぶり高値-緩和観測で

更新日時

30日の中国株式相場は上場。香港上場の本土 株の指標であるハンセン中国企業株(H株)指数は、今年に入って最大 の値上がりとなった。中国証券監督管理委員会(証監会)が取引所接続 プログラムを利用できる本土の投資家の範囲を広げたことに加え、中国 人民銀行(中央銀行)総裁が追加刺激策を示唆した。

中信(CITIC)銀行(998 HK)など金融株が買われた。人民銀 の周小川総裁は成長率の落ち込みがやや行き過ぎており、政策担当者に は対応の余地があると述べた。香港取引所(388 HK)は7.9%高。

当局が不動産規制を緩和するとの観測を背景に、上海市場の不動産 株の指数は2009年以来の大幅上昇となった。

香港市場のH株指数は前週末比3.4%高の12306.56と、昨年12月29 日以来の大幅高で引けた。ハンセン指数は1.5%高。

本土市場で上海総合株価指数は2.6%高の3786.57と、08年3月以来 の高値で引けた。CSI300指数は2.9%高。

INGグループのアジア調査責任者ティム・コンドン氏(シンガポ ール在勤)は電話取材に対し、「人民銀総裁は景気に関する自身の懸念 を表明した。われわれは人民銀が追加刺激策を講じるとみている」と述 べた。

この日、上海・香港証取の接続プログラムの下で本土の投資家が購 入した香港株は現地時間午後1時55分(日本時間同2時55分)現在、ネ ットベースで20億5000万元(約400億円)と、昨年11月のプログラム開 始以降で最高となった。

申万宏源の中国株セールス・トレーディング担当ディレクター、ジ ェリー・アルフォンソ氏(上海在勤)は「上海と香港の証取接続プログ ラムが拡充され、本土の投資家が香港に投資する選択肢が増える。香港 市場にとって明らかに好材料だ」と述べた。

原題:Chinese Stocks in Hong Kong Rally Most This Year on PBOC Signal(抜粋)

--取材協力:Lisa Pham、Darren Boey.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE