27日のインド株式相場は総じて下落。電気通 信株と消費者関連銘柄の下げが目立った。指標のS&P・BSEセンセ ックスは週間ベースではここ5カ月で最長の3週続落となった。

携帯電話サービス企業ブハルティ・エアテルを中心に電気通信株が 下げた。政府入札で携帯電話の周波数を獲得したものの、そのコストが 業績への重しとなるとの懸念が浮上した。日用品最大手のヒンドゥスタ ン・ユニリーバは4日続落。

センセックスは前日比ほぼ変わらずの27458.64で引けた。騰落比率 は約2対3。週間ベースでの3週続落は昨年10月以降で最長。

原題:Sensex Drops for Third Week as India’s Bharti Slumps on Auction(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE