コンテンツにスキップする

追加緩和予想は10月が最多、追加緩和なしは3割超に-日銀サーベイ

年内に日本銀行が追加緩和を行うとの予想が 引き続き根強い一方で、3割を超えるエコノミストが追加緩和なしと予 想している。ブルームバーグ・ニュースの調査で明らかになった。

5日から11日にかけてエコノミスト34人を対象に行った調査で、年 内に追加緩和があるとの予想は23人(68%)。うち4月は5人 (15%)、7月が7人(21%)、9月が1人(3%)、そして10月が10 人(29%)と緩和予想の中では最多だった。追加緩和なしは11人 (32%)に上った。16、17日の金融政策決定会合は全員が現状維持を予 想した。

ブルームバーグ・ニュースは2月12日、関係者への取材を基に、現 時点で一段の追加緩和を行うことは日本経済にとってむしろ逆効果との 見方が日銀内で浮上している、と報じた

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎シニアエコノ ミストは「一段の円安は日本経済にとってマイナスとの見方から、当面 は現状維持とせざるを得ないが、4-6月にコア消費者物価(CPI) が一時的にマイナスに陥る可能性をにらみ、4月展望リポート時に昨 年10月と同様の理由から追加緩和に踏み切る可能性がある」という。

日銀は昨年10月31日の金融政策決定会合で、消費増税後の需要の弱 さや原油価格の大幅な下落が「物価の下押し要因として働いている」と 指摘。「短期的とはいえ、現在の物価下押し圧力が残存する場合、これ まで着実に進んできたデフレマインドの転換が遅延するリスクがある」 として、追加緩和に踏み切った。

しかし、SMBCフレンド証券の岩下真理チーフマーケットエコノ ミストは「重要なのは、原油安の影響剥落後、需給ギャップ、期待イン フレ率、コアコアCPIといった基調的な物価が2015年度後半に上昇し ていくシナリオが描けるかどうかだ。春闘での賃上げが期待される4月 の展望リポート発表時には、追加緩和は考えにくい」という。

黒田総裁は全く揺らいでいない

黒田東彦総裁は先月27日の講演で、目標とする物価上昇率について 「2%の達成にはある程度時間をかけるべきではないか」、「そもそも 2%を目指すことは困難ではないか」といった声に対する自身の見解を 詳しく説明した。

シティグループ証券の村嶋帰一チーフエコノミストはこの講演か ら、黒田総裁の2%の物価目標へのこだわりが全く揺らいでいないこ と、さらに、日銀が目標を達成するタイムフレームを先送りする可能性 が当面、極めて低いことがうかがえたという。

その上で、「現実のインフレ率あるいはインフレ期待を『早期に』 2%に引き上げ、そこにアンカーできないと判断する場合、追加緩和が 実施される可能性が高いように思われる」と指摘する。

ケジメの追加緩和へ

黒田総裁は講演で、生鮮食品を除くコア消費者物価(CPI)前年 比は「2015年度を中心とする期間に2%に達する」との見通しを繰り返 した。大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミストは「日銀が掲げる2%物 価目標の期限内の達成は困難だ」と指摘。「日銀は15年秋口をめどに追 加金融緩和に踏み切る」とみる。

クレディ・アグリコル証券の尾形和彦チーフエコノミストは「コア CPIは春先に向けてマイナスに落ち込むと予想されるものの、前回会 合での黒田総裁の『物価の基調』に関するコミュニケーションは筋が通 っており、十分な説得力を持つ内容であったことから、市場にくすぶる 『早期・追加緩和』の期待は急速に後退すると思われる」という。

とは言え、「10月末の展望リポートのタイミングでは、『2年程度 で2%達成』あるいは『15年度を中心とする期間』としている期限切れ が衆目の事実となることから、目標達成時期の1年先送りとともに、市 場を納得させるため、そして『けじめ』の意味も含めて追加緩和に動 く」とみる。

景気悪くない中で無理する必要なし

SMBC日興証券の森田長太郎チーフ金利ストラテジストは「2% の物価目標はともかく、財政政策が緊縮か中立に戻ってくる中で、15年 度の経済成長は順調であり、需給ギャップも消費増税によって拡大した 水準から15年度は縮小に向かうので、CPI上昇率も徐々にリバウンド してくることは間違いない」と指摘。その上で「景気の方向感が悪くな い中で、無理な追加緩和が行われる必然性はない」という。

大和証券の野口麻衣子シニアエコノミストも「コアCPIは5月こ ろにも前年割れとなる公算が大きいが、日銀は賃上げの流れが明確にな っていることなどを根拠に『物価の基調に変化はない』ことを強調し、 一段の追加措置の投入を回避する」と予想。

その後、「インフレ率再加速の動きが鈍ければ、『できることは何 でもやる』姿勢を強調している黒田総裁が動く可能性を完全に排除する ことはできないが、既に実務的に限界に近い緩和策を打ち出しているこ とから、追加緩和なしをメインシナリオとしている」という。

日銀ウオッチャーを対象にしたアンケート調査の項目は、1)今会 合の金融政策予想、2)追加緩和時期と手段や量的・質的金融緩和の縮 小時期および「2年で2%物価目標」実現の可能性、3)日銀当座預金 の超過準備に対する付利金利(現在0.1%)予想、4)コメント-。

1)日銀はいつ追加緩和に踏み切るか?            
==================================================================
調査機関数                                                    34     100%
------------------------------------------------------------------
                                          3月                 -
                                        4月8日                 -
                                       4月30日                 5    14.7%
                                           5月                 -
                                           6月                 -
                                           7月                 7    20.6%
                                           8月                 -
                                           9月                 1     2.9%
                                       10月7日                 1     2.9%
                                      10月30日                 9    26.5%
                                          11月                 -
                                          12月                 -
                                     2016年1月                 -
                                    2016年2月                 -
                                    2016年3月                 -
                                 2016年4月以降                 -
                                  追加緩和なし                11    32.4%

==================================================================

2)追加緩和の具体的な手段                     
------------------------------------------------------------------
マネタリーベースの増加ペースの引き上げ                        19
長期国債の買い入れペースの引き上げ                            15
ETFの買い入れペースの引き上げ                                 18
J-REITの買い入れペースの引き上げ                               8
付利の引き下げ                                                8
その他                                                         6

==================================================================

3)日銀は生鮮食品を除く消費者物価(コアCPI、消費増税の影響を
除く)前年比が2016年度の「見通し期間の中盤頃に2%程度に達する
可能性が高い」としてますが、この見通しは実現しますか。
==================================================================
調査機関数                                                    30
------------------------------------------------------------------
                                         はい          3        
                                        いいえ         27       

==================================================================

4)コアCPI前年比は今年、一時的であれマイナスに陥る可能性があるとお考えですか。
==================================================================
調査機関数                                                    29
------------------------------------------------------------------
                                         はい                 27
                                        いいえ                 2

==================================================================

5)コアCPI前年比は今年、どこまで伸び率が鈍化すると予測されますか。マイナスを含め、
具体的な数値と時期をお答えください。          
------------------------------------------------------------------
バークレイズ証券、森田京平                                 -0.2%         6月-7月
BNPパリバ証券、河野龍太郎                                  -0.2%         2四半期 
キャピタルエコノミクス、Marcel Thieliant                             -0.2%         5月     
シティグループ証券、村嶋帰一                               -0.6%         10月     
クレディ・アグリコル証券、尾形和彦                                 -0.1%         4月‐5月
クレディ・スイス証券、白川浩道                             -0.1%         7月‐9月
第一生命経済研究所、熊野英生                                             4月     
大和総研、熊谷亮丸                                         -0.2%         7月     
大和証券、野口麻衣子                                       -0.3%         5月‐10月
HSBCホールディングス、デバリエ・いづみ                                         9月     
伊藤忠経済研究所、武田淳                                   -0.1%         4月‐6月
ジャパンマクロアドバイザーズ、大久保琢史                            0.4%         4月     
日本総合研究所、山田久                                      0.1%         3月     
明治安田生命保険、小玉祐一                                 -0.2%         4月     
三菱UFJモルガンスタンレー証券、六車治美                               0%         7月‐9月
三菱UFJモルガンスタンレー景気循環、景気循環研 嶋中雄二             -0.2%         4月     
三菱UFJリサーチコンサルティング、小林真一郎                           -0.2%         5月     
みずほ総合研究所、高田創                                   -0.4%         8月     
みずほ証券、上野泰也                                       -0.1%         5月‐8月
ニッセイ基礎研究所、矢嶋康次                               -0.1%         7月‐9月
信州大学、真壁昭夫                                         -0.2%         3月以降 
三井住友銀行、西岡純子                                     -0.3%         7月     
SMBCフレンド証券、岩下真理                                 -0.3%         8月     
SMBC日興証券、森田長太郎                                   -0.1%         4月     
三井住友アセットマネジメント、武藤弘明                              -0.2%         5月     
東海東京証券、佐野一彦                                       -1%         12月   
UBS証券、青木大樹                                          -0.2%         7月     

==================================================================

6)コアCPIがマイナスになった場合、日銀が追加緩和に踏み切るとお考えですか。
==================================================================
調査機関数                                                    30
------------------------------------------------------------------
                                         はい                  8
                                        いいえ                22

==================================================================

7)日銀が2%の「物価安定の目標」が安定的に持続すると判断し、
量的・質的金融緩和の縮小を開始する時期はいつ? 
------------------------------------------------------------------
調査機関数                                                    30
------------------------------------------------------------------
                                    2015年上期                 0     0.0%
                                    2015年下期                 0     0.0%
                                    2016年上期                 1     3.3%
                                    2016年下期                 3    10.0%
                                    2017年上期                 0     0.0%
                                    2017年下期                 2     6.7%
                                    2018年以降                 8    26.7%
                                      見通せず                16    53.3%

==================================================================

8)金融政策運営の投票で原田泰早稲田大学教授は黒田総裁と同一の投票行動をとるとお考えですか。
==================================================================
調査機関数                                                    30
------------------------------------------------------------------
                                         はい                 30
                                        いいえ                 0

==================================================================

9)日本経済にとって最も居心地の良い円相場の水準は何でしょうか?
==================================================================
調査機関数                                                    29
------------------------------------------------------------------
100円                                                          3
105円                                                          7
110円                                                          4
115円                                                          3
120円                                                          8
125円                                                          2
130円                                                          1
135円                                                          -
140円                                                          -
その他                                                         1
==================================================================

10)日銀が15年度を中心とする期間に物価2%を達成するために必要な為替相場
の水準は何でしょうか                          
==================================================================
調査機関数                                                    27
------------------------------------------------------------------
100円                                                          -
105円                                                          -
110円                                                          -
115円                                                          -
120円                                                          2
125円                                                          3
130円                                                          4
135円                                                          3
140円                                                          8
その他                                                         7
==================================================================

11)以下の各項目について回答者の中央値。     
==================================================================

a)今春のベアの何%予想                         
                                                   0.7%

------------------------------------------------------------------
来年度の毎月勤労統計の現金給与総額は前年比何%増の予想
                                                   1.1%

------------------------------------------------------------------
来年度のCPIについて                           
総合CPIの前年比伸び率予想                                                0.35%    
生鮮食品を除くコアCPIの前年比伸び率予想                                  0.3%     
食料およびエネルギーを除くコアコアCPIの前年比伸び率予想
                                                                         0.5%     
==================================================================

問1に対しての回答の詳細                       
------------------------------------------------------------------
メリルリンチ証券、吉川雅幸                                      10月30日 
バークレイズ証券、森田京平                                      7月      
BNPパリバ証券、河野龍太郎                                       追加緩和なし
キャピタルエコノミクス、Marcel Thieliant                                  4月30日  
シティグループ証券、村嶋帰一                                    7月      
クレディ・アグリコル証券、尾形和彦                                      10月30日 
クレディ・スイス証券、白川浩道                                  追加緩和なし
第一生命経済研究所、熊野英生                                    10月30日 
大和総研、熊谷亮丸                                              10月30日 
大和証券、野口麻衣子                                            追加緩和なし
ゴールドマン・サックス証券、馬場直彦                                     7月      
HSBCホールディングス、デバリエ・いづみ                                4月30日  
伊藤忠経済研究所、武田淳                                        7月      
ジャパンマクロアドバイザーズ、大久保琢史                                追加緩和なし
日本総合研究所、山田久                                          追加緩和なし
明治安田生命保険、小玉祐一                                      10月30日 
三菱UFJモルガンスタンレー証券、六車治美                                 10月30日 
三菱UFJモルガンスタンレー景気循環、景気循環研 嶋中雄二                  4月30日  
三菱UFJリサーチコンサルティング、小林真一郎                                4月30日  
みずほ総合研究所、高田創                                        10月7日  
みずほ証券、上野泰也                                            10月30日 
ニッセイ基礎研究所、矢嶋康次                                    7月      
野村証券、松沢中                                                追加緩和なし
農林中金総合研究所、南武志                                      7月      
岡三証券、鈴木誠                                                追加緩和なし
信州大学、真壁昭夫                                              9月      
三井住友銀行、西岡純子                                          追加緩和なし
SMBCフレンド証券、岩下真理                                      10月30日 
SMBC日興証券、森田長太郎                                        追加緩和なし
ソシエテジェネラル証券、会田卓司                                10月30日 
三井住友アセットマネジメント、武藤弘明                                   追加緩和なし
東海東京証券、佐野一彦                                          追加緩和なし
東短リサーチ、加藤出                                            4月30日  
UBS証券、青木大樹                                               7月

--取材協力:藤岡徹

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE