12日のインド株式相場は4営業日ぶりに上 昇。指標のS&P・BSEセンセックスは2週間ぶりの大幅高となっ た。電力株と金属株の上げが目立った。取引終了後に発表される鉱工業 生産と消費者物価の統計が注目されている。

インド最大の電力会社NTPCは8カ月ぶりの高値を付けた。発電 設備で国内最大手のバーラト重電機は1週間ぶりの大幅上昇。銅精錬最 大手、セサ・スターライトの上昇率はセンセックス構成銘柄の中で最大 となった。国内最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・インディアも 1週間ぶりの大幅高。

センセックスは前日比1%高の28930.41で引けた。これは終値ベー スで5日以来の高値。前日までの3営業日で2.7%下げていた。インド 準備銀行(中央銀行)が今月に今年2回にわたって利下げを実施したこ とを受け、この日発表されるインフレ統計が注目されている。

原題:India’s Sensex Ends Three-Day Decline as Power Utilities Advance(抜粋)

--取材協力:Santanu Chakraborty.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE