アップルのクックCEO、テスラ買収求める株主の熱意かわす

米アップルにとって5年ぶりの新デバイスと なるウエアラブル端末「アップル・ウオッチ」の詳細を発表したばかり のティム・クック最高経営責任者(CEO)は10日、カリフォルニア州 クパティーノの本社で開いた年次株主総会で電気自動車(EV)メーカ ーのテスラ・モーターズとの提携を求める株主の強い熱意に直面した。

株主の1人は総会で「率直に言って、アップルによるテスラ買収を 期待する」と訴えた。この発言は出席者の笑いと拍手を誘った。

そつがないクックCEOはこの問題をうまくかわそうと「われわれ にはテスラとの関係はない」と述べ、すぐに話題をアップルの車載情 報・娯楽システム「カープレイ」に切り替えた。前日のアップル・ウオ ッチの発表イベントでもカープレイの説明を行った同CEOは「テスラ にはカープレイを採用してもらいたい。当社は全ての主要自動車ブラン ドからカープレイを搭載する約束を取り付けている」と語った。

アップルは自動車の開発計画について説明していないが、事情に詳 しい複数の関係者によると、同社は早ければ2020年の生産に向けて車両 用バッテリー専門家を採用し、EV開発チームを編成した。アップルが 実際にこの構想を推進し、自動車事業への参入を決めれば、1回の充電 で200マイル(約322キロメートル)以上走行可能で4万ドル(約484万 円)未満のEVの17年発表を目指すテスラやゼネラル・モーターズ (GM)に対抗することになる。

テスラの広報担当に10日にコメントを求めたが、これまでのところ 返答はない。

原題:Apple CEO Cook Sidesteps Shareholder Enthusiasm for Tesla Deal(抜粋)

--取材協力:Dana Hull.