10日のインド株式市場では指標のS&P・ BSEセンセックスが続落し、1カ月ぶりの安値を付けた。収益見通し に鑑みて、最近の相場上昇が行き過ぎとの懸念が強まった。

製薬会社サン・ファーマシューティカル・インダストリーズは前日 付けた最高値から反落。住宅金融でインド最大手のハウジング・デベロ ップメント・ファイナンス(HDFC)は2カ月ぶりの大幅下落。アル ミ生産会社ヒンダルコ・インダストリーズは4営業日続落。

センセックスは前日比0.5%安の28709.87で引けた。前日は2.1%下 げていた。構成銘柄の今後12カ月の利益予想に基づく株価収益率 (PER)は16倍。これに対しMSCI新興市場指数は11.5倍となって いる。

原題:India’s Sensex Drops to 1-Month Low as HDFC Tumbles on Valuation(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE