コンテンツにスキップする

【個別銘柄】九州電が下落、FPGは急伸、ラオックスは急落

更新日時

10日の日本株市場で、株価変動材料のあった 銘柄の終値は次の通り。

九州電力(9508):前日比2.2%安の1006円。未定としていた15年 3月期の連結営業利益計画は600億円の赤字、と9日に発表。原子力発 電所の停止が長期化し、代替する火力燃料費の増大が響く。前期は958 億円の赤字。

日本製紙(3863):4.4%安の1954円。SMBC日興証券は投資判 断を「中立」から「アンダーパフォーム」に、目標株価を1850円か ら1500円に引き下げた。来期も印刷用紙の内需は低迷する可能性が高 く、同業他社比で対米ドルの円安が営業益に与えるマイナス影響が大き いと分析。同証による16年3月期の連結営業利益予想を430億円から370 億円に下方修正した。

横河電機(6841):1%高の1272円。15年3月期の連結経常利益計 画を260億円から290億円に上方修正する、と9日に発表した。市場予想 は299億円。為替差益が増加した。また、希望退職募集600人に対 し、1105人(正規社員985人、シニア社員120人)の応募があったと同日 発表。みずほ証券では、希望退職応募による来期の固定費削減効果を50 億円と織り込んでいたが、想定以上の応募で効果は80億円に達する可能 性がありポジティブと指摘した。

ラオックス(8202):18%安の256円。公募増資などで最大約311億 円を調達する、と9日に発表。免税ネットワーク構築に向けた新規出店 や既存店改築費用などに充当するという。株式需給の悪化を警戒した売 りが膨らんだ。

FPG(7148):9.7%高の3570円。15年9月期の連結営業利益予 想を64億3300万円から77億7800万円に上方修正する、と9日に発表。同 社グループの売上高の大半を占めるタックス・リース・アレンジメント 事業で、オペレーティング・リース事業の案件組成が好調に推移してい る。また、同時に3月末の株主対象に1株を3株に分割するとした。最 低投資金額の低下による新たな投資家層の流入を見込む買いが入った。

荏原(6361):5.5%高の522円。メリルリンチ日本証券は9日付で 投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を650円から685円に引き 上げた。株価下落により、グローバル比較でのバリュエーションは割安 感が強まったと分析。原油安で石油・ガス分野向けの停滞を株式市場は 懸念しているが、同社の収益源は分散されており安定成長は可能とい う。

日本新薬(4516):6.9%高の4600円。SMBC日興証券は9日付 で目標株価を4300円から5500円に引き上げた。国内販売の伸長に加え、 肺動脈性肺高血圧症治療薬「セレキシパグ」の欧米承認に伴うマイルス トン収入などを考慮し、来期は大幅営業増益を予想。同証による16年3 月期の連結営業利益予想を118億円から130億円、再来期を159億円か ら173億円に上方修正。今期は87億円(会社計画85億円)を予想した。

大塚商会(4768):4.2%高の5250円。みずほ証券は9日付で目標 株価を4550円から5620円に引き上げた。消費増税や「ウィンドウズ XP」更新需要の反動減が最大となる1-3月期を底に、業績再加速を 織り込みやすくなってきたと指摘。15年12月期の連結営業利益予想 を380億円から390億円(会社計画376億円)、来期を440億円から460億 円に増額した。投資判断は「買い」を継続。

竹内製作所(6432):8.3%高の5050円。16日付で東証ジャスダッ クから1部に市場変更になると9日に発表。今後のTOPIX算入に伴 うファンド 資金の流入などが見込まれた。同時に記念配当5円を実施 すると発表、期末配当予想を27円に増額した。

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス(3657):12% 高の945円。16年1月期の連結営業利益は前期比23%増の22億9300万円 を計画する、と9日に発表。主力のデバッグ・検証事業で、開発ペース が回復傾向にあるパチスロ機器向けの受注増加のほか、ネイティブアプ リ業務の増加も見込む。15年1月期は人件費増加や国内外拠点の新設、 増床費などが響き、13%の営業減益だった。

東日本ハウス(1873):7.1%安の521円。14年11月-15年1月期 (第1四半期)の連結営業損益は6億7800万円の赤字だったと9日に発 表。主力の住宅事業で、消費税増税後の反動減により新規受注が減少し たことが響いた。前年同期は8700万円の黒字。

マックス(6454):1.7%高の1435円。発行済み株式総数の1.98% にあたる100万株の自己株を消却する、と9日に発表した。消却予定日 は20日。

アプリックスIPホールディングス(3727):10%安の1541円。ド イツ銀行を割り当て先とする新株と新株予約権を発行し最大約31億円調 達する、と9日に発表した。株式需給の悪化を警戒した売りが膨らん だ。

大泉製作所(6618):4.5%安の644円。豪マッコーリー・バンクを 割り当て先として新株予約権を発行、最大約6億5000万円を調達すると 9日に発表した。株式需給の悪化を警戒した売りが膨らんだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE