賠償金4.7兆円が落とす影、震災4年で「心災」広がる-日本の将来像か

更新日時

巨大地震、津波を受けた東京電力の福島第一 原発事故から4年--。福島県内の原発に近い地域を歩くと、事故当初 にはなかった賠償金への過度な依存を不安視する声や、住民間に生まれ た亀裂を懸念する声が上がる。他の被災地と比べて際立って自殺者が多 いといった事実もあり、原発事故の爪あとはくっきりと残っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。