インドの金輸入が急増か-輸入税率据え置きで在庫補充再開へ

世界最大の金消費国であるインドの金輸入が 急増するとの見方が広がっている。業界では金の輸入税引き下げが予想 されていたがジャイトリー印財務相は税率を据え置いた。

ラジェッシュ・エキスポーツのラジェッシュ・メータ会長は2月28 日、ベンガルールから電話取材に応じ、インドの金輸入は2月の約25ト ンから3月に100トンに増加する可能性があるとの見方を示した。輸入 税引き下げを見込んで購入を延期していた宝飾業者と取引会社が在庫を 補充するためと説明している。同会長は、消費者が市場に戻ることも国 内需要の増加につながるとの見通しを示した。

インドの需要回復は金現物相場の上昇と密輸の増加につながる可能 性がある。ロンドン市場で週間ベースの金現物相場は先週、5週間ぶり に上昇した。ジャイトリー財務相は2月28日に予算案を発表した際、金 の輸入税を過去最高の10%に据え置くとともに、金輸入への依存度を軽 減するため2万トンの国内在庫の一部を利用する計画を明らかにした。 ブルームバーグが2月に実施した調査では宝飾業者とアナリスト10人の うち7人が輸入税の引き下げを予想していた。

原題:Gold Imports by India Seen Surging as Jaitley Retains Record Tax(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE