ウクライナが資本規制強化-通貨フリブナ急落でリスク増大

更新日時

ウクライナ国立銀行(中央銀行)は23日、資 本規制を強化した。債務再編協議を控え、同国の財政を圧迫する通貨フ リブナ急落の阻止が目的。

同中銀のゴンタレワ総裁はキエフで記者団に対し、輸入業者による 外貨購入を抑制するほか、銀行に対しては市場でのフリブナ売却を目指 す顧客への融資を禁止したと説明。資本流出を抑える上で必要があれ ば、さらなる手段もあると付け加えた。

10カ月に及ぶ親ロシア派武装勢力との戦いでウクライナのリセッシ ョン(景気後退)は深刻化、同国は国際通貨基金(IMF)への救済融 資要請を余儀なくされた。年初来で44%下げている通貨安が原油や天然 ガスなどの輸入コストを押し上げるとともに、対外債務負担を重くして いる。ウクライナ政府は6月までに債権者と合意したい考えだ。

ドラゴン・キャピタルの債券トレーダー、フョードル・バグネンコ 氏(キエフ在勤)は23日の電話インタビューで、「フリブナ相場の現在 の水準は国内のエネルギー価格を押し上げ、対外債務の持続可能性を低 下させるなど、あらゆる面で非常に悪材料だ」と指摘。「戦闘に関連す る懸念とIMFプログラムの遅れにより民間企業はハードカレンシーを 蓄えようとしているが、こうした悪循環を断ち切る中銀の能力は外貨準 備が極めて乏しいため損なわれている」と説明した。

ゴンタレワ総裁のコメントを受け、フリブナは一時11%安の1ドル =31.5フリブナと過去最安値を更新。キエフ時間23日午後7時12分(日 本時間24日午前2時12分)現在、1ドル=28フリブナで推移している。 ウクライナ中銀の外貨準備高が1月に過去最低の64億ドル(約7600億 円)に縮小する中で、フリブナはこの1年間に68%下落した。昨年1月 の外貨準備高は178億ドルだった。

原題:Ukraine Tightens Capital Controls as Hryvnia Drop Fuels Risk (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE