コンテンツにスキップする

【個別銘柄】みずほなど銀行上昇、中計のソニーやカジノ買い

更新日時

19日の日本株市場で、株価変動材料のあった 銘柄の終値は次の通り。

みずほフィナンシャルグループ(8411):前日比3.6%高の218.2 円。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は18日、投資判断を「中立」 から「オーバーウエート」、目標株価を230円から250円に上げた。セク ターリポートの中で大手銀行株は1株純資産(BPS)と連動すると指 摘、同社は直近のBPS(2015年3月期で298円、来期312円)に対し株 価の出遅れ感があるとした。同じく判断を「オーバーウエート」に上げ た三井住友トラスト・ホールディングス(8309)も1.6%高の492.5円。 東証1部33業種で銀行は上昇率1位。

ソニー(6758):1.7%高の3227円。15-17年度の中期経営計画 を18日に発表、成長分野への経営資源の重点化で最終年度の連結営業利 益目標は20年ぶり水準の5000億円以上、株主資本利益率(ROE) は10%以上を目指す。意思決定の迅速化を図るため、ことし10月をめど にビデオ&サウンド事業を子会社化し、他事業の分社化も視野に入れ る。野村証券では中計をポジティブに評価するとし、投資判断を「中 立」から「買い」、目標株価を2300円から4000円に上げた。

トレンドマイクロ(4704):6.6%高の3625円。14年12月期の連結 営業利益は前の期比14%増の337億円だった、と18日に発表。国内で個 人向けのほか、企業向けのクラウド関連が増収、円安が寄与した海外も 欧州を中心に伸び、従来計画の301億円から上振れた。15年12月期 は1.6%増の342億円を計画。

日本ガイシ(5333):4.8%高の2312円。野村証券は18日、投資判 断を「中立」から「買い」に上げた。自動車向けセラミックスフィルタ ーの業績拡大が続くと予想、同証による16年3月期以降の業績予想の増 額に伴い、目標株価を2780円から2830円に見直した。

住友金属鉱山(5713):2%安の1784.5円。JPモルガン証券は18 日、投資判断を「オーバーウエート」から「中立」、目標株価を2000円 から1900円に下げた。一過性利益の剥落や銅価などコモディティ市況の 低迷で、ことし前半の株価は小休止の展開を予想。15年3月期経常利益 は1720億円(会社計画1700億円)、来期1600億円と見込み、増益達成に はニッケル市況の上昇が必要条件とみる。

カジノ関連株:オーイズミ(6428)が9.1%高の970円、日本金銭機 械(6418)が5.6%高の1838円など。19日付の読売新聞朝刊は、政府が カジノを中心とした統合型リゾート(IR)について、2020年の東京五 輪・パラリンピックまでに横浜市と大阪市の2カ所で開業を目指す方針 を固めたと報道。カジノ政策の進展を見込む買いが入った。

イマジカ・ロボットホールディングス(6879):19%高の628円。 映像制作大手の同社と官民ファンドのクールジャパン機構、住友商事 (8053)は映画の吹き替え、字幕などの世界最大手である米SDIメデ ィアを買収することで合意した、と日本経済新聞電子版が19日午後に報 道。買収金額は160億円とされ、事業基盤の強化が見込まれた。

ドンキホーテホールディングス(7532):3.1%高の8730円。クレ ディ・スイス証券は18日、新規に投資判断を「アウトパフォーム」、目 標株価を9100円とした。大手スーパーの存在感が強い消費財市場で、独 自の強みを持つ同社ディスカウント店のシェア拡大は続くと予想。店舗 網の拡充で年率プラス10%前後の成長ペースが続くとし、同証による15 年6月期の営業利益予想を382億円(会社計画365億円)、来期430億円 としている。

コロプラ(3668):3.9%高の2806円。国内の人気アプリで、クイ ズロールプレーイングゲームの「魔法使いと黒猫のウィズ」が累計 で3300万ダウンロードを突破した、と18日に公表した。13年4月のリリ ースで、この1年間で1300万ダウンロード増えた。

日本空港ビルデング(9706):1.3%安の5450円。海外市場で2020 年、22年満期ユーロ円建ての転換社債型新株予約権付社債を300億円発 行する、と18日に発表。将来的な1株価値の希薄化や売り圧力を懸念す る売りに押された。

内田洋行(8057):3.9%安の367円。15年7月期の連結純利益計画 を13億円から前期比54%減の7億円に下方修正する、と18日に発表。教 育用タブレット案件や円安効果で営業利益は上振れる見込みだが、次期 基幹システムの開発費用一部を除却処理、特別損失の計上が響く。

中部飼料(2053):4.1%高の682円。飼料製造事業で伊藤忠飼料、 伊藤忠商事(8001)との資本業務提携に向け協議を開始すると18日に発 表。各社の開発や生産技術力、原料調達力を融合することで競争力の強 化を図るのが狙い。

アダストリアホールディングス(2685):7.6%高の2988円。18日 発表の15年2月期連結業績修正では、純損益計画を7億円の黒字から8 億円の赤字に下方修正したが、営業利益は51億円のまま据え置いた。最 終赤字転落は、アダストリアアジアののれんの減損損失、保有土地の売 却やブランド休止に伴う損失を計上するため。一方、営業利益は在庫処 分損などを販売管理費の削減で吸収した。ドイツ証券では、一過性の要 因を除けば実質上振れ着地と指摘。機動的な在庫処分で値下げロスの減 少が進めば、収益構造の強化につながるとした。

ジャパンマテリアル(6055):6.1%高の1599円。昨年12月に上場 3周年を迎えた記念に株主優待を実施する、と18日に発表。3月末時点 で100株(1単元)以上を保有する株主を対象に2000円相当のQUOカ ードを贈る。同社は半導体・液晶工場向けの特殊ガス供給システムを手 掛ける。

魚力(7596):11%高の1785円。3月10日付で東証2部から1部へ 指定変更になる、と18日に発表。今後のTOPIX算入に伴うファンド 資金などの流入が見込まれた。

放電精密加工研究所(6469):1.9%安の902円。15年2月期の連結 営業利益計画を8億1300万円から前期比37%減の5億6600万円に下方修 正する、と18日に発表。放電加工と表面処理分野で産業用ガスタービン 部品向けが低調、新規アイテム立ち上げ費用の増加も響いた。

ALBERT(3906):東証マザーズに19日、新規上場した。公開 価格の2800円に対し買い気配値を切り上げ、午後に形成された初値 は2.2倍の6040円だった。ビッグデータの統合管理や分析コンサルティ ングなどマーケティング・ソリューションを提供、15年12月期の営業利 益計画は前期比16%増の1億9400万円。主幹事はSBI証券が務める。 終値は6430円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE