国内携帯通信最大手のNTTドコモは、既存 事業に加えMVNO(仮想移動体通信事業者)として割安料金で通信サ ービスを提供することを検討している。財務担当の常務執行役員、佐藤 啓孝氏が13日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで明らかに した。

佐藤氏は、第2ブランドとしてMVNOを開始することについて 「いろいろなことはスタディーしている」と説明、決めるには市場規模 や採算性などを考慮する必要があると話した。参入時期など具体的なこ とは未定と述べた。

MVNOは携帯電話などの無線通信回線をドコモなど大手事業者か ら借り、独自ブランドでサービスを提供している事業者で、通信料金が 比較的安いのが特徴。大手3社ではKDDIが昨年12月、MVNOを開 始している。

佐藤氏は、MVNO市場が「急激に拡大している」と述べ、早急に 対策が必要だという認識を示した。また新市場を開拓するMVNOと回 線を貸し出すドコモは「相互補完的な関係にあるといえる」と話した。

調査会社MM総研によると、MVNOの契約数は2014年9月時点 で1928万回線となり、同年3月比で3割増加した。通信やインターネッ ト事業者だけではなく、イオンなど他業種からも参入している。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE