インドの金密輸入ブーム、規制緩和で終息か

インドでは金輸入抑制策を導入して以降の2 年間に密輸入が増加し、頭に巻くターバンの下や直腸の中に金を隠すな ど、あらゆる方法が利用された。現在ではこのような違法取引は減少し ている。

業界データによれば、昨年約80億ドル(約9600億円)規模に上った 闇市場ではプレミアム(割増金)が消失しつつある。インド政府が輸入 規制を緩和し始めているためだ。輸入規制に伴いインドは2013年に世界 最大の金輸入国ではなくなった。世界の金需要の約25%を占めるインド では、合法的な売買が回復し、年間の輸入量は50%増加する見通しだ。

インドでは金は縁起が良く価値の保存手段の一つと考えられてお り、全て海外からの供給に頼っている。このため、最も盛んに密輸入さ れる物品だ。過去最高の10%の輸入税導入などを含む金輸入規制は、下 落するルピーを押し上げ、拡大する貿易赤字を縮小するためのものだっ た。主に原油の輸入価格低下などにより、貿易赤字は縮小している。ブ ルームバーグが宝飾業者を対象に実施した調査によると、モディ首相 は28日の予算案発表の際に輸入税を引き下げると予想されている。

全インド宝石・宝飾品貿易協会のディレクター、バチラジ・バマル ワ氏はコルカタからインタビューに応じ、「合法的なルートでの供給が 十分に可能であるため、政府が規制を緩和して以降、違法輸入は鈍化し ている」と指摘した。

同協会のデータによれば、輸入規制により宝飾業者が支払うプレミ アムが1オンス当たり最大160ドルに上昇したことから、昨年は約200ト ンの金が密輸入された。昨年12月31日時点の金価格は1オンス =1184.37ドル。バマルワ氏によると、これ以降、登録されている銀行 と輸入業者から供給される金のプレミアムは約1ドルまで低下し、闇市 場では6-7ドル割安な価格で取引されている。今月12日の金現物価格 は1220.47ドル。

原題:India’s Gold Smuggling Boom Fades as Curbs Loosened: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE