10日のインド株式市場では指標のS&Pセン セックス指数が8営業日ぶりに上昇。1年3カ月で最長の7日続落は下 げ過ぎとの見方が一部に広がった。

過去4営業日で10%下げていたタタ・モーターズが反発。アルミニ ウムメーカーのヒンダルコ・インダストリーズは米部門の好業績を受け て買われた。鉄鋼のタタ・スチールは4日ぶり上昇。インドステイト銀 行は9日ぶりに上げた。

センセックス指数は前日比0.5%高の28355.62で終了。7日続落 は2013年11月以来だった。

原題:India’s Sensex Rebounds From Seven-Day Loss as Metalmakers Climb(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE