「昔の名前は忘れてください」-ゴールドマン復活目指す別物

拭い去れない悪い評判が、2008年の金融危機 から続いているクレジット商品が幾つか存在する。債務担保証券 (CDO)とクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)がその代表 格だが、この2つを融合した金融商品(レバレッジを使うのは言うまで もない)が、何か別物のように違う名前で復活しつつある。

ゴールドマン・サックス・グループなどの銀行が販売に動いている 「ビスポーク・トランシュ・オポチュニティー」と呼ばれる金融商品 は、単名のCDSを裏付けとし、投資家の注文に応じて組成するオーダ ーメードのCDOだ。デリバティブ(金融派生商品)のプールをリスク の異なる部分に切り分け、ヘッジファンドなどの投資家に販売する。

これらの金融商品は、ファーストロス(劣後部分)を中心に投資し たり、借り入れた資金を活用したりすれば、標準的な社債を購入するよ りも高いリターンが得られる可能性がある。価値が下落するリスクの方 も通常よりはるかに大きいことは、断るまでもない。

ゴールドマンの広報担当マイケル・デュバリー氏(ニューヨーク在 勤)は、コメントを控えている。この種の金融商品は、ビスポーク・ト ランシュと呼ばれることもあれば、「コラテラライズド・スワップ・オ ブリゲーション」と名付けられることもある。仏銀BNPパリバが集計 したデータによれば、昨年の発行額は最大200億ドル(約2兆3500億 円)と、2013年の50億ドル足らずから急増した。

原題:Goldman Sachs Hawks CDOs Tainted by Credit Crisis Under New Name(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE