28日のインド株式相場は総じて下落。指標の S&Pセンセックス指数は前日に付けた過去最高値から反落。最近の相 場上昇が行き過ぎとの懸念が浮上した。

自動車メーカーのタタ・モーターズは値下がり。27日に上場来高値 となっていた。ラーセン・アンド・トゥブロが3週間ぶりの大幅安で、 資本財・サービス銘柄が総じて安い。携帯電話サービスでインド最大手 のブハルティ・エアテルはここ1年5カ月で最もきつい値下がりとなっ た。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比0.1%未満の29559.18で 引けた。騰落比率は約2対3。同指数の前日までの8営業日続伸を背景 に、海外勢による月初来のインド株の買越額は14億ドルに達していた。 構成銘柄のバリュエーション(株価評価)が4年ぶり高水準となったほ か、相対力指数(RSI、14日間ベース)は75まで上昇した。70を上回 ると売りシグナルと見なされる。

原題:Most Indian Stocks Drop as Rally Sends Valuation to 4-Year High(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE