コンテンツにスキップする

英スタンダードチャータードがサンズCEO後継者探し-FT紙

英スタンダードチャータードは一部大株主の 圧力を受け、ピーター・サンズ最高経営責任者(CEO)の後継者を探 している。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が事情に詳しい匿名 の関係者の話を引用して伝えた。

FTによれば、新CEOに関するプランは来月もしくは3月4日の 決算発表時に公表する可能性がある。サンズCEOの後任は年内に就任 の可能性が高いという。

同行はアジアの経済成長鈍化と不良債権処理費用の増加で利益の伸 びが頭打ちとなり、2014年に3回も業績予想の下方修正を余儀なくされ た。株価は29%下落した。シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホ ールディングスを含む大株主2社が、ジョン・ピース会長にサンズ CEOの年内退任計画をまとめるよう圧力をかけたと、英紙サンデー・ テレグラフは情報源を明かさずに伝えた。

同行広報担当のジョナサン・トレーシー氏は一連の報道に関して発 表文で「ピーター・サンズCEOと経営陣はグループの新たな戦略の遂 行と成長の実現、コスト削減、株主への還元に集中しており、この達成 で取締役会から全面的支援を受けている」と説明した。

06年11月に就任したサンズCEO(53)の在任期間は、英銀大手首 脳としては最長。ブルームバーグの集計データによれば、同CEOの 下、スタンダードチャータードの総資産は06年12月の2660億ドルから昨 年6月までに6900億ドルに増加した。同CEOは今月、2年に及ぶ減益 と株価下落に歯止めをかけられると投資家を納得させるため、就任以降 最大の人員削減を発表している。

原題:Standard Chartered Seeking Successor for CEO Sands, FT Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE