, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

ユーロ圏財政赤字縮小、7-9月は6年ぶり小幅-最悪期脱する

ユーロ参加国の財政赤字が全体的に縮小し、 昨年7-9月(第3四半期)は6年で最も小幅となった。債務危機の最 悪期を脱した状況が示された。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が20日発表した同四半 期の財政赤字は対域内総生産(GDP)比で2.3%に縮小。1.9%だっ た2008年7-9月以後で最も小さくなった。ギリシャが債務問題を抱え 救済策を受け入れる直前の10年1-3月(第1四半期)には7%のピー クに達していた。

欧州委員会のモスコビシ委員(経済・通貨担当)は19日ブリュッセ ルで、「危機の最悪期は過ぎた」とした上で、「大半の参加国は引き続 き債務と赤字の水準を長期的に抑制する取り組みが必要だ」と論じた。

原題:Euro-Area Government Deficit Shrinks to Lowest in Six Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE