米投資銀行ジェフリーズ・グループを傘下に 持つリューカディア・ナショナルは、米最大の個人向け外為ブローカ ー、FXCM に3億ドル(約350億円)を融資する。スイス国立銀行 (中央銀行)による突然のスイス・フランの対ユーロでの上限撤廃を受 けて、FXCMは大きな打撃を受けていた。

両社が16日発表した資料によれば、融資は期間2年で当初のクーポ ンは10%。これにより、FXCMは「通常業務の継続」が可能になると している。

FXCMの株価は16日のニューヨーク市場で取引停止になる前に一 時92%下げて98セントを付けた。リューカディアとの合意発表後に株価 は持ち直し、午後5時40分(日本時間17日午前7時40分)時点で4.44ド ル。

同社は15日、スイス中銀の決定により自己資本規制の順守が脅かさ れる状況になったと説明していた。

スイス・フランは15日、対ユーロで一時41%上昇し、過去最大の値 上がりを記録。ブルームバーグが調査する150以上の通貨全てに対して も15%余り上昇した。スイス中銀の突然の発表後、ドイツ銀行やスイス のUBS、米ゴールドマン・サックス・グループなどのロンドンのディ ーラーは注文の処理に追われた。

原題:FXCM Gets $300 Million From Leucadia to Withstand Losses (2)(抜粋)

--取材協力:Kevin Buckland.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE