スイス国立銀行(中央銀行)は15日、1ユー ロ=1.20スイス・フランに設定していたフラン相場の上限を撤廃すると 突然発表した。経済を守るための3年越しの政策を放棄した。

中銀はまた、市中銀行が中銀に預ける要求払い預金の一定額を超え る残高に適用する金利をマイナス0.75%と、昨年12月に発表したマイナ ス0.25%からマイナス幅を拡大させた。さらに、政策金利であるフラン 建て3カ月物ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)誘導目標レンジも マイナス1.25%-マイナス0.25%に引き下げた。

欧州中央銀行(ECB)が近く国債購入を開始すればフランの上限 維持が立ち行かなくなる恐れがあり、スイス中銀は経済防衛の別の方法 を模索している。同国最大の銀行UBSグループなどの株価は下落。腕 時計メーカー、スウォッチ・グループの最高経営責任者(CEO)は輸 出業者への打撃を懸念した。ヨルダン中銀総裁は、驚きの要素が必要だ ったと、突然の行動を擁護した。

ドイツ銀行のエコノミスト、ジョージ・バックリー氏は「こんなス トイックな中銀が、長く維持した政策をこれほど突然に撤回するとは驚 きだ」と述べた。

ブルームバーグ・ニュースが9-14日にエコノミスト22人を対象に 実施した調査で、今年中のフラン上限撤廃を予想したエコノミストはい なかった。

フランはユーロに対して一時41%上昇し、1ユーロ=0.8517フラン の過去最高値を付けた。チューリヒ時間午後4時5分現在は1.03782フ ラン。対ドルは13%高の1ドル=0.8885フラン。

ヨルダン総裁は15日チューリヒで記者団に「決定は市場を驚かせた が、ほかのやり方はできなかった」と述べた。フランの上限維持は「持 続可能な政策ではないとの結論に達した」と説明した。

ECBはちょうど1週間後の政策委員会で量的緩和(QE)などの 政策を協議する。QEが導入されればフランの上昇圧力は強まる。

スイス中銀は2011年9月にフランに上限を設けて以降、これを維持 するため巨額の資金を費やしてきた。ヨルダン総裁はこの日、今後も介 入する可能性はあると述べた。フランの過大評価は弱まったものの、相 場は依然として高いと指摘し、水準を注視し続けると言明した。

スイスは1970年代にもフラン高に悩まされたが、その際は外国人の 資産に対してマイナス金利を課す政策を取った。しかし奏功せず、当時 のドイツ通貨マルクに対しフラン相場の上限を設定した経緯がある。

原題:SNB Abandons Key Policy Tool as Jordan Goes for Shock Factor (1)(抜粋) SNB’s Jordan Says Franc Still High, Overvaluation Decreased SNB Unexpectedly Gives Up Cap on Franc, Lowers Deposit Rate(抜粋)

--取材協力:Jan-Henrik Förster、Joel Rinneby.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE