コンテンツにスキップする

中国人民銀、市中銀行の預貸率で算出方法を変更-上海証券報

中国人民銀行(中央銀行)は市中銀行の預貸 率について、銀行間の預金・融資を計算に加えることで算出方法を変更 した。中国紙、上海証券報が報じた。

同紙は人民銀調査統計局の盛松成局長を引用し、人民銀が15日発表 した通告の下で、市中銀行が保有している銀行以外の金融機関の貯蓄は 預金に分類されると報じた。金融リース会社を含めたこうした金融機関 に市中銀行が貸し出した資金は融資と見なされるという。

市中銀行は預金の75%を超えて融資することはできず、預貸率にか かる変数を広げることで、与信能力が拡大し、政府の景気下支えの取り 組み強化につながる可能性がある。

原題:China Widens Definition of Loan-to-Deposit Ratio, News Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE