, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

米JPモルガン、ATM台数を縮小-一部拠点で設置取りやめ

米銀最大手JPモルガンは一部のリテール拠 点からの撤退に伴い、昨年10-12月(第4四半期)にATM(現金自動 預払機)設置台数を12%減らした。

JPモルガンはATMネットワーク運営会社カードトロニクスとの 提携縮小に伴い、ドラッグストアチェーンのウォルグリーンやCVSフ ァーマシー、コンビニのヘスやスピードウェイでの設置を取りやめた。 同行の広報担当パトリシア・ウェクスラー氏が明らかにし、「顧客の ATM利用頻度も減っている」と述べた。

銀行取引で携帯電話や他のデジタル端末を利用する顧客が増える状 況にあって、ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は経費削 減や実体のある拠点の縮小を進めている。10-12月期は携帯端末経由の 実際の利用者が約4%増える一方、支店数は5602と前期の5613から減少 した。ATMは2457台減って1万8056台。

原題:JPMorgan ATMs Become Harder to Find After Retail Retreat (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE