コンテンツにスキップする

1月14日の欧州マーケットサマリー:株反落、債券は総じて上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1784   1.1773
ドル/円            117.10   117.93
ユーロ/円          137.99   138.83


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  339.67     -5.10    -1.5%
英FT100     6,388.46   -153.74   -2.3%
独DAX      9,817.08   -123.92   -1.2%
仏CAC40    4,223.24   -67.04    -1.6%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .12%       +0.00
独国債10年物     .42%        -.05
英国債10年物     1.51%       -.07


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,235.00    +3.50     +.28%
原油 北海ブレント         46.05      -.54    -1.16%

◎欧州株:5週ぶり高値から反落-減速懸念でエネルギー・鉱山株安い

14日の欧州株式相場は反落。指標のストックス欧州600指数は前日 に5週間ぶりの高値を付けていた。世界的な減速懸念で商品相場が下落 したことを受け、エネルギー銘柄と鉱山株が売られた。

ストックス600指数は前日比1.5%安の339.67で終了。この日は欧州 中央銀行(ECB)が2012年に打ち出した債券購入計画「アウトライ ト・マネタリー・トランザクション (OMT)」について、欧州司法 裁判所の法務官が「原則的に」合法との見解を示したため、同指数が下 げをほぼ解消する場面もあった。

マニュライフ・アセット・マネジメントの欧州株式責任者、デービ ッド・ハッセイ氏(ロンドン在勤)は電話で、「世界経済は通貨や原 油、商品価格といった重要指標のちょっとした動きに極めて敏感になっ ている」と話し、「デフレに陥るのか、景気は回復するのかが非常に懸 念される。市場は極めて混乱している。これが今年の状態で、ボラティ リティははるかに大きくなるだろう」と語った。

業種別19指数の中で最もきつく下げたのは資源銘柄の指数。英豪系 鉱山会社のリオ・ティントやBHPビリトンの下落が目立った。石油銘 柄も英BPや英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルを中心に売られた。

世界銀行が欧州や中国の成長減速を理由に2015年の世界経済成長見 通しを下方修正。これを受けて、北海ブレント原油は5営業日続落し、 銅相場は5年半ぶり安値まで下げた。

この日の西欧市場では18カ国中16カ国で主要株価指数が下落。英 FTSE100指数は2.4%安で、下落率は最大となった。ギリシャのアテ ネ総合指数は1.9%下落。

原題:European Stocks Fall as Drop in Miners, Oil Shares Outweigh ECB(抜粋)

◎欧州債:総じて上昇-インフレ期待の低下とECBの購入開始期待で

14日の欧州債相場は総じて上昇。原油と銅の大幅値下がりでインフ レ期待が下がり、ユーロ参加国は債券需要の高まりを利用して過去最低 の利回り水準で国債を発行している。

ドイツがこの日実施した10年債(表面利率0.5%)の入札では、落 札利回りがユーロ建て10年債としては過去最低を記録した。スイス は2025年7月償還債を0.2%未満の利回りで発行。これもこれまでの最 低だった。

利回りがこれだけ下がっても、投資家は債券に価値を見いだしてい る。欧州中央銀行(ECB)が今月中にもソブリン債購入を含む量的緩 和(QE)に動くとみているためだ。昨年12月の米小売売上高が予想以 上に減少したことが発表されると、ドイツを含むユーロ参加国6カ国 の10年債利回りは一段と低下し、いずれも過去最低を更新した。

ダンスケ銀行(コペンハーゲン)のチーフアナリスト、アラン・フ ォンメイレン氏は「商品相場の下落に関連した動きだ。インフレ期待は 極めて急速に低下し、国債利回りに影響を与えている」と発言。さらに 「QEは恐らく織り込まれている。ECBが向こう1、2年に国債を購 入すると考えるのなら、それに逆らうのは利回りがこんな水準であって も理にかなわない」とも語った。

ロンドン時間午後4時5分現在、既発のドイツ10年債利回りは前日 比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.43%。これま での最低となる0.423%まで下げる場面もあった。同国債(表面利率 1%、2024年8月償還)価格は0.445上げ105.335。

イタリア10年債利回りは一時11bp下げ1.706%。これはブルーム バーグが1993年にデータ集計を開始して以来の最低。スペイン10年債利 回りは9bp低下し1.56%と、2日に付けた過去最低の1.492%に接近 した。オーストリアとフランス、フィンランド、オランダの10年債利回 りもこの日は過去最低となった。

インフレ期待の指標としてドラギECB総裁が昨年8月の中銀シン ポジウムで挙げた、5年先スタートのインフレスワップ5年物フォワー ドレートは1.48%に低下。終値ベースでは少なくとも04年以来の最低と なる。先週発表された昨年12月のユーロ圏インフレ率はマイナス0.2% だった。

原題:Europe Finds Allies in Copper Traders as Region’s Bonds Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE