インド株:センセックス、続落-景気懸念で金属株に売り

14日のインド株式市場では指標のS&Pセン セックス指数が続落。銅などを中心に商品相場が12年ぶり安値を付けた ことを背景に、金属株が売られた。

インド最大の産銅会社、セサ・スターライトは昨年5月以来の安値 となった。アルミ生産のヒンダルコ・インダストリーズは4カ月ぶりの 大幅下落。国内最大のたばこ会社ITCは昨年11月以来の大幅安。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比0.3%安の27346.82で終 了。世界銀行が欧州や中国の成長減速を理由に2015年の世界経済成長見 通しを下方修正し、銅と原油相場は09年以来の安値に向かっている。

原題:India’s Sensex Drops as Metal Shares Tumble Amid Growth Concerns(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.