インド株:センセックス、7日ぶり下落-テクノロジー株安い

5日のインド株式相場は反落。指標のS&P センセックス指数は前週末まで6営業日続伸だった。新興市場株が軟調 に推移する中、テクノロジー銘柄と金属株の下げが目立った。

インドでソフトウエア最大手のタタ・コンサルタンシー・テクノロ ジーズが3週間ぶりの大幅安。同国最大の携帯電話サービス企業、ブハ ルティ・エアテルは4営業日ぶりに値下がり。アルミ・銅生産で国内大 手のヒンダルコ・インダストリーズとセサ・スターライトも売られた。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前週末比0.2%安の27842.32で 終了。方向感のない取引の中、0.6%上げる場面もあった。この日の MSCI新興市場指数は3営業日続落。ギリシャのユーロ離脱観測で高 リスク資産に対する需要が後退したことが背景にある。インドのテクノ ロジー企業は売り上げの半分以上を海外から得ている。

原題:Indian Stocks End Six-Day Rally as Software Exporters Decline (抜粋)

--取材協力:Rajhkumar K Shaaw.