中国、「反腐敗」運動を今後も推進-習主席が演説で表明

中国の習近平国家主席は年末の演説で、汚職 撲滅への取り組みを継続する必要性を強調した。政府の「反腐敗」運動 により、過去2年間で数千人が処分を受けた。

習主席は演説で「党の規律に関して厳しい姿勢を続ける」と表明。 汚職が判明した幹部は例外なく処分すると続けた。演説は中央人民放送 (CNR)など中国国営の放送局が伝えた。

中国共産党は習氏が2012年11月に総書記に就任して以降、汚職撲滅 に向けた取り組みを強化してきた。今月には、元政治局常務委員で公安 トップを務めた周永康氏を汚職および機密漏えいの疑いで党籍剥奪処分 とした。また胡錦濤前国家主席の元側近である令計画氏に対する調査を 開始した。

原題:China’s Xi Pushes Anti-Corruption Drive in New Year’s Eve Speech(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE