ECBプラート氏:原油の影響で量的緩和可能性強まると示唆

欧州中央銀行(ECB)のプラート理事は原 油相場下落でインフレ期待が不安定化するリスクが一段と上昇している と述べ、量的緩和策の可能性が強まりつつあることを示唆した。ドイツ 紙ベルゼン・ツァイトゥングとのインタビューで語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。