NY金:年間ベースで2年連続の下げ、98年以来で初めて

31日のニューヨーク金先物相場は下落。年間 ベースで下げ、1998年以来初めての2年連続安を記録した。

RBCキャピタル・マーケッツの貴金属ストラテジスト、ジョー ジ・ジロ氏(ニューヨーク在勤)は「金にはいくつか問題があった」と 指摘。「米国の景気回復や労働状況の改善、インフレ不在、極めて堅調 な株価や強いドルなどが今年の金相場を圧迫した」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比1.4%安の1オンス=1184.10ドルで終了。

銀先物3月限は4.2%下げて1オンス=15.599ドル。年間ベースで は19%の下落。プラチナ4月限は0.8%下落して同1209.50ドル。パラジ ウム3月限は0.7%安の同798.40ドル。

原題:Gold Caps Back-to-Back Yearly Losses for First Time Since 1998(抜粋)

--取材協力:Agnieszka de Sousa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE