14年の原油、08年以来の大幅安-OPECと米勢がシェア争い

更新日時

2014年の原油相場は年間ベースで08年の世界 的な金融危機後で最も大きく下落した。供給過剰の中でシェールブーム に乗る米国の石油各社と石油輸出国機構(OPEC)加盟国が激しいシ ェア争いを演じていることが背景だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。