ウクライナ経済は14年に7.5%縮小か、金融危機で-中銀総裁

ウクライナ中央銀行のゴンタレワ総裁は30 日、同国経済は2014年に恐らく7.5%縮小したとの見方を示した。ロシ アによるクリミア編入や国内東部の分離独立派との紛争が「全面的な」 金融危機の引き金となったと指摘した。

同総裁はキエフでのブリーフィングで、ウクライナの銀行システム は「機能不全」の状況にあり、ドルに対し年初来で48%下落した通貨フ リブナは真価を反映していると説明した。同国がデフォルト(債務不履 行)に陥るかとの問いに対し「ウクライナが見放される必要があるとは 思わない」と答えた。

さらに「全面的な金融危機が起きている」とし、「迅速かつ思い切 った改革を講じることでのみ、これを克服できる」と、記者団に語っ た。

原題:Ukraine GDP Set to Drop 7.5% in Full-Blown Financial Crisis (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE