ウクライナ経済は14年に7.5%縮小か、金融危機で-中銀総裁

ウクライナ中央銀行のゴンタレワ総裁は30 日、同国経済は2014年に恐らく7.5%縮小したとの見方を示した。ロシ アによるクリミア編入や国内東部の分離独立派との紛争が「全面的な」 金融危機の引き金となったと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。