アジア・太平洋株式サマリー:上海総合、香港株下落-印は小幅高

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【香港・中国株式市況】

中国株式市場では上海総合指数が下落。公益株のほか、小型株のテ クノロジー銘柄などの下げが響いた。同指数は月間ベースでは2007年4 月以来の大幅高となっている。

華電国際電力(600027 CH)が上海市場で6%を超える下げ。小型 株の指標である創業板(チャイネクスト)指数は今月の高値から12%下 落した。ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は香港市場で2.9%安。

中信証券(CITIC証券、600030 CH)と海通証券(600837 CH) は共に少なくとも4%以上の値上がり。セメントメーカーの安徽海螺水 泥(600585 CH)は10%高。株主構造の変更が明らかになった。

上海総合指数は前日比0.1%安の3165.81で終了。CSI300指数 は0.1%高。香港株式市場ではハンセン中国企業株(H株)指数は1.5% 安。ハンセン指数は1.1%下げた。

華西証券の毛勝アナリストは「相場は時折調整が入るものの上昇ト レンドは続くだろう。景気は徐々に回復し、政策の方向性に変化はな い」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は総じて高い。指標のS&Pセンセックス指数は年 間ベースでは5年ぶりの大幅高となりそうだ。モディ政権による景気促 進策が寄与している。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比0.1%未満高の27403.54 で終了。上昇銘柄は19、下落したのは11銘柄だった。年初来の上昇率 は29%となっている。総選挙大勝でモディ首相率いる政党が政権交代を 実現。燃料補助金を削減したほか、防衛産業などへの外資出資の上限引 き上げを承認し、財政赤字削減の公約を掲げている。

この日は、ラーセン・アンド・トゥブロが値上がりし、資本財銘柄 は3営業日続伸となった。政府が29日に企業による用地買収を容易にす る政令を打ち出したことが買い材料。一方、世界最大の製油所を所有す るリライアンス・インダストリーズは2週間ぶりの大幅下落となった。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比1%安の5416.63。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.6%安の1915.59。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比0.2%安の9268.43。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE