米金融当局は市場への影響抑制可能、資産売却控えれば-IMF

米金融当局が前例のない金融刺激策からの脱 却を進める過程で、保有資産の売却を控えれば、新興市場諸国へのマイ ナスの影響を抑えることができるかもしれない。国際通貨基金 (IMF)エコノミストらが、先週公表した報告書で指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。