英住宅価格:12月に伸び鈍化、需要軟化続く-ネーションワイド

英国では12月の住宅価格の伸びが約1年ぶり の低水準に鈍化した。不動産市場が冷え込みつつある兆候が強まった。

英住宅金融ネーションワイド・ビルディング・ソサエティーが30日 発表した12月の住宅価格は前年同月比7.2%上昇と、伸び率は11月 の8.5%を下回り、2013年11月以来の低水準となった。前月比では0.2% 上昇で、3カ月連続で伸びた。

ネーションワイドのチーフエコノミスト、ロバート・ガードナー氏 は発表資料で、「最近の数カ月で住宅価格の伸びは緩やかになり、市況 はより急速に鈍化した」と指摘した上で、「経済状況の改善が想定通り に続けば、住宅市況は数カ月先に勢いを取り戻す公算が大きい」と付け 加えた。

発表によると、12月の住宅価格は平均で18万8559ポンド(約3500万 円)だった。

原題:British House-Price Growth Weakened to 13-Month Low in December(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE