日本株続落、ギリシャ政局警戒し輸出、金融売り-午後崩れる

更新日時

大納会の30日の東京株式相場は続落。ギリシ ャの政局不透明感から欧州景気、金融市場への悪影響を懸念する売りが 電機や精密機器など輸出関連株、証券や保険など金融株中心に幅広く出 た。年末年始休暇を前に先物への持ち高整理、ヘッジ売り圧力が強まっ た午後に下げが拡大し、主要株価指数はきょうの安値引け。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。