ギリシャ債が下落、総選挙実施の運びで-ドイツ債は値上がり

29日の欧州債市場ではギリシャ国債が下げ、 3年債利回りは7月の発行以来の高水準に達した。サマラス首相が3回 目で最後となる大統領選出投票で十分な票を集められなかったため、議 会解散・総選挙の運びとなったことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。