「ザ・インタビュー」が首位、グーグルの14年映画収入

更新日時

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (SPE)のコメディー映画で、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を 題材にした「ザ・インタビュー」は、米グーグルにとって今年最高の収 入をもたらした作品となった。SPEによると、同作品の27日までのオ ンライン販売・レンタル収入合計は1500万ドル(約18億円)に上った。

グーグルのオンラインストア「グーグル・プレイ」や動画共有サイ ト「ユーチューブ」、マイクロソフトの「Xbox」などを通じたオン ライン収入のこの合計額は、週末の映画館での同作品の興行収入284万 ドルを圧倒した。グーグル広報担当のミシェル・スラビック氏は、同社 サイトでの具体的な収入の公表を控えた。

ザ・インタビューはSPEのオンライン映画販売で過去最高を記録 しており、ハッカー攻撃で受けた金銭的ダメージは一部軽減されそう だ。ハッカーらが同社と従業員の機密情報などを流出させた上、同作品 に抗議し劇場公開させないよう脅したことで、上映劇場数は331カ所 と、ソニーの当初計画の約1割にとどまった。同社は同作品の製作・宣 伝に推計8000万ドルを投じたとされる。

SPEの28日付の発表文によれば、ザ・インタビューはオンライン 配信開始以降の収入が1500万ドルに上り、同社のオンライン映画でベス トセラーとなっている。

調査会社レントラックのシニアアナリスト、ポール・ダーガラベデ ィアン氏はインタビューで「映画館に行った人もいたが、オンラインで 映画を見るしか選択肢のない人が多かった。コンテンツを即座に配信す ることによりソニーは土壇場での計画変更が可能になった」と指摘し た。

原題:‘The Interview’ Is Top-Selling Film This Year on Google Play (1)(抜粋)

--取材協力:Christopher Palmeri.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE