リビア最大の石油輸出港でタンク5基炎上、さらに広がる恐れ

リビア最大の石油輸出港であるエスシデル港 のタンク火災は南風で拡大する恐れがあり、同国の1日当たり石油生産 能力の4倍に相当する量を貯蔵できるタンクが延焼リスクにさらされて いる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。