債券は上昇、需給の逼迫感が相場の下支え

更新日時

債券相場は上昇。日本銀行による大量の長期 国債買い入れオペを背景とした需給の逼迫(ひっぱく)感が根強く、相 場の下支え要因となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。