カジノ法案は来春までに国会再提出、統一選後に審議-岩屋議連幹事長

超党派の「国際観光産業振興議員連盟」 (IR議連、通称・カジノ議連)は、衆院解散で廃案となったカジノを 含めた統合型リゾートの整備を政府に促す法案(IR推進法案)を来年 1月召集の通常国会で春までに再提出し、成立を目指す。審議開始は4 月の統一地方選後になる見通し。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。