CPI4カ月連続で伸び鈍化、製造工業生産予測はプラス

11月の経済指標は弱めの数字もあったが、夏 ごろを底とした景気の回復基調を確認する形となった。消費者物価指数 は4カ月連続で伸びが鈍化したほか、鉱工業生産は市場のプラス予想に 対し3カ月ぶりのマイナスとなった。一方で12月と来年1月の製造工業 生産予測はプラスだった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。