閑古鳥鳴くドバイ毛皮市場-ルーブル安でロシア人観光客激減

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイのデイラ 毛皮市場に立ち並ぶ数十軒の毛皮店では、ロシア語を話す店員たちが手 持ち無沙汰な様子で客の来店を待っている。店の棚にはミンクやセーブ ル(クロテン)、アーミン(オコジョ)の毛皮コートがぎっしり並べら れている。本来ならこの時期は1年で最も忙しいはずだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。