NY原油:下落、週間で5週連続安-供給超過の悪化を警戒

更新日時

ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)が下落。週間ベースでは5週 連続で下げた。石油輸出国機構(OPEC)が減産圧力に屈しないとの 見方から、世界的な供給超過がさらに進むとの懸念が広がっている。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニア市場アナ リスト、フィル・フリン氏は電話取材に対し、「市場では依然として供 給超過が心配されている」と指摘。「原油在庫の処分方法が明らかにな るまで、相場が上昇するのは本当に難しいだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前営 業日比1.11ドル(1.99%)安い1バレル=54.73ドルで終了した。週間 では3.2%の値下がり。ロンドンICEのブレント2月限は79セント (1.3%)下げて59.45ドル。

原題:Oil Caps Fifth Weekly Loss on Concern Supply Glut Will Worsen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE