中国寧夏回族自治区、15億ドル起債へ-本土以外で地方債発行

中国の寧夏回族自治区が最大15億ドル (約1800億円)の債券を発行する計画だ。中国で地方債発行が認められ たことから、1級行政区が本土以外での起債に向かうことになる。

AVICキャピタルが上海証券取引所に25日提出した資料によれ ば、同社の証券部門が寧夏回族自治区の債券発行の取りまとめと助言で 起用された。イスラム債(スクーク)もしくはドル建て債となる可能性 が高く、期間は最長5年だという。

今回の債券発行は、地方政府の資金調達プロセスの透明性を高める 取り組みに沿っている。中国は1994年に可決された法律で地方政府の債 券発行を禁止。地方政府はこの規制を回避し、公共事業向けなどの資金 を調達するため数多くの事業体を設立してきた。同法は今年8月に改正 され、地方政府が債券を直接発行できる法的枠組みが敷かれた。

原題:China’s Ningxia Plans First Bond Sale by Local Government Abroad(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE