NY天然ガス先物:下落、3ドル下回る-12年以降で初めて

ニューヨーク市場の天然ガス先物相場 は、2012年以降で初めて100万BTU(英国熱量単位)当たり3ドルを 下回った。生産が過去最高に達しており、需要を大幅に上回るとの観測 が広がった。

天然ガス先物は12月に入ってから27%下げており、このまま月を終 えれば月間ベースで2008年7月以来の大幅安となる。天候が穏やかで、 生産が過去最高水準にあることから、天然ガスの在庫は2年ぶりに前年 比でプラスとなっている。コモディティ・ウェザー・グループによれ ば、米国の東側半分では30日にかけてほぼ毎日、気温が平年を上回る見 通し。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物1月限は米 東部時間午前11時8分現在、前営業日比2.9セント(1%)安の100万 BTU当たり3.001ドル。一時2.973ドルと、12年9月26日以来の安値を 付けた。

原題:Natural Gas Futures Drop Below $3 for First Time Since 2012(抜粋)

--取材協力:Jake Rudnitsky.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE